TOP > 脱毛するときにやってはいけないこと

脱毛するときにやってはいけないこと

エステや医療機関で脱毛するときにやってはいけないことがいくつかあります。

フラッシュやレーザー脱毛は毛根に光をお応させて熱を持たせ、この熱を利用して毛母細胞を破壊します。

光は色素に反応するため、毛根だけでなく皮膚の色素にも反応します。

皮膚表面では反応しにくい波長の光を使用していますが、色が黒すぎると照射によってやけどの危険性が上がるため、施術を断られます。

大阪の医療脱毛に関する情報をまとめました。

それほど黒くない場合でも出力を弱くされてしまうため、効果が出にくくなります。そのため、施術前の日焼けは避けなければなりません。

脱毛期間中の自己処理は禁止されていませんがやってはいけない方法もあります。毛抜きで毛根ごと毛を抜いてしまうと光を反応させるものがなくなってしまうため、照射による効果を得られなくなります。

また、皮膚がダメージを受ける施術になるため、毛根が残っていても、肌荒れが酷いと施術できません。

カミソリは皮膚の表面を削るため肌荒れになってしまうので、皮膚への負担が少ない電気シェーバーを使います。光を使用しないニードル脱毛という方法もあります。


これは皮膚の色が黒くても利用できますが、毛根がなければ利用できない点は同じです。
また、この脱毛方法は毛を摘まみ、その毛に沿って毛穴に針を入れるため、ある程度の毛の長さが必要になります。



施術直前に自己処理で毛を短くしてしまうと毛を摘まめなくなり、施術できなくなってしまいます。



人目が気になるからと短くしないように注意します。