TOP > 脱毛で肌トラブルが発生したら

脱毛で肌トラブルが発生したら

脱毛したことによって何らかの肌トラブルに見舞われたら、原因を詳しく調べなければなりません。普段行っている処理方法に問題が見つかったらそれを改善しなければなりませんし、安全に処理を行うためにまずは肌の状態を整えなければなりません。
意外と簡単に原因を突き止められるのは、ワックスやクリームを使用した場合です。

肌の弱い人は含まれている成分に過敏に反応してしまい、赤くなったりかゆみが表れたりします。
合わない成分が何なのかを把握している場合には、その成分が含まれない商品を選ぶことで解決できます。しかし、大抵の場合には成分を調べることは難しいでしょうから、他の脱毛方法に切り替えるのが現実的です。


ローラー回転式の脱毛器やテープ、毛抜きなどで処理を行った後に埋没毛ができてしまう場合は、毛質が弱くてうまく処理が行えていなかったり、毛根の方をつかんで引き抜くことができていない可能性があります。

脱毛器や毛抜きなら、処理する時に根元の方をつかむように気をつけながら行うことができますが、テープの場合には空気が入らないようにする位しか注意するポイントがありません。

大阪の医療脱毛のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

それで上手く処理できないようであれば、他の方法を選択した方が良いということになります。

フラッシュ照射やレーザー照射の行える機器で処理した後に肌が熱くなるのは、軽い炎症を起こしているからです。



保冷剤や冷水で絞ったタオルで冷やしておけば、次第に落ち着きます。