葬儀時の喪主挨拶の注意点

葬儀を行う際、例えば親が亡くなった時などは、長男・長女が喪主を務める場合が多いです。

葬儀の際、喪主挨拶を行うこととなりますが、いくつかの注意点があります。
まず挨拶として喋る時、ゆっくりと話すことを心がけるべきです。



あまり堅い言葉などを使うのではなく、自分自身の言葉を選ぶことも大切です。

例を挙げるとすれば、まず喪主自身、つまり自分自身の挨拶から始まり、弔問客へのお礼から始めるという方法があります。
この時に、ゆっくりとお辞儀をするなどを織り交ぜるとよりよく見えます。



自己紹介とお礼が終了したら、故人のことについて、例えば自分たちにとってどういう存在だったかについてなどを話します。



故人の性格や普段の言動、自分にとってはどういった人だったのか、故人の良かった点をはっきりと口にするのが重要となってきます。その他にも、故人の職業やそれに対する行動、周りの人からどのように思われていたか・言われていたか、客観的な内容を織り交ぜるのも1つの手です。

故人について話し終えたら、弔問客に臨終の際のことを話す場合も多いです。
いつ頃から予兆があったのか、例えば「家族に見守れながら、安らかな表情で息を引き取りました」といった報告がよく行われます。




葬儀において、喪主にかかる負担は非常に大きいです。

各方面への事務処理や予算の用意、それ以前にも身近な人がなくなったということで、精神的負担もあります。



しかし葬儀の場において、喪主だからこそといった態度は人から重く見られます。

葬儀に来訪した人へのお礼の言葉で締めくくること、その際に深くお辞儀をすることなど、端々に気をかけることが大切です。
必要以上に気の利いたことを言う必要はありませんが、葬儀へ来訪した人へのお礼、故人の思い出、死亡状況などは、喪主挨拶としておおむね必須な話すべき内容です。

また、葬儀の場だけではなく、通夜や会食時にも挨拶をすることとなります。


しっかりと準備をしておくことが大切です。

http://sougi.minrevi.jp/
http://www.youtube.com/watch?v=Pg7yWWE5oNw
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO048.html