TOP > 脱毛の種類から見るメリットとデメリット

脱毛の種類から見るメリットとデメリット

脱毛と一口に言ってもいろいろな種類があります。

自宅で処理する場合は、毛抜きやカミソリ、クリームやワックス、家庭用の機器などがあります。

このうちいくつかは皆さんも試したことがあるはずですが、思い描いたような美しい仕上がりにならず、不満を覚える人も多いのではないでしょうか。

そんな人におすすめなのが、サロンや医療機関などプロによる脱毛です。

大阪の医療レーザー脱毛情報なら、こちらをご参考にしてください。

種類としては、ニードル、光(フラッシュ)、レーザーがあります。

ニードルは毛穴のひとつひとつに特殊な細い針を刺し、微弱な電流を通して毛乳頭を破壊する方法です。針を1本1本差し込むため時間がかかり、痛みも伴います。


高い効果が見込めるものの、部分的にしかできないし、料金もかさむため、最近はこの施術を行うサロンは減少しています。

現在多くのサロンで主流になっているのは光脱毛です。

むだ毛の黒い部分に照射して毛乳頭の発育を抑えることにより、むだ毛を少しずつ目立たなくしていく方法です。

毛根組織は破壊されないため、お肌に与えるダメージは少なくなります。



月日が経つと毛が生えてくることもありますが、自己処理が必要なほどではないとされています。

メリットとしては、一度に広範囲の施術が可能なこと、痛みも少ないことが挙げられます。



レーザー脱毛も光と同様、むだ毛の黒い部分に照射し、熱によって毛乳頭の発育を抑える方法ですが、これはサロンでは施術ができません。
なぜなら医療行為に当たるからで、美容クリニックのみの施術となります。光に比べると費用は高く、痛みも伴いますが、脱毛効果は非常に高いのがメリットです。